ごはん ご飯もの レシピ動画 魚のレシピ

桜と鯛の春おこわ【動画あり】

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ

こんにちは!
料理研究家の藤井玲子です^^

今回は「桜と鯛の春おこわ」をご紹介します♪

桜の花の塩漬けと、
鯛をたっぷりと使った春らしいおこわのレシピです。
鍋、炊飯器どちらでも炊くことができます。

桜の花の塩気と鯛の旨味、
おこわのもちもち感が一つになって
食べ始めると止まらない美味しさです◎

作ったよ~!という写真をSNSに投稿の際は
@rekonekoタグ付と
#れこれしぴ(全部ひらがなです!)
ハッシュタグを入れていただけたら嬉しいです♡

桜と鯛の春おこわ レシピ

桜と鯛の春おこわ レシピ動画はこちら!

レシピ動画をYouTubeにて更新中です♪
気に入っていただけたら
チャンネル登録&高評価
よろしくお願いします!

桜と鯛の春おこわ 材料(2合分)

真鯛(切り身)・・・2切れ(2切れで150-200g程度)
酒・・・大さじ1

米・・・1合
もち米・・・1合

A.水・・・350cc
A.昆布・・・5cm四方1枚
A.桜の花の塩漬け(炊き込み用)・・・20g

桜の花の塩漬け(仕上げ用)・・・3-4枚
塩・・・適量

桜と鯛の春おこわ 下準備

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ
  • 米、もち米は洗い、30分ほど水に浸す。
  • 桜の花の塩漬け(炊き込み用・仕上げ用)は
    水でふり洗いし、塩を落とす。
  • Aをボウルに入れ30分ほど浸しておく。
  • 真鯛(切り身)は塩を振り5分ほど置く。
    水分が出てきたら軽く拭き取り、酒をふる。

桜と鯛の春おこわ 作り方

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ


米、もち米の水気をよくきり、
鍋(または炊飯器)に入れ、A、真鯛を加える。

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ


鍋を中〜強火にかけ、沸騰してきたら弱火にし、10分炊く。
その後蓋をしたまま15分程蒸らす。
炊飯器の場合は通常通り炊飯する。

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ


炊けたら昆布・真鯛を取り出す。
真鯛は骨と皮を取り除いて身をほぐし、
鍋に戻して全体をざっと混ぜ合わせる。

桜と鯛の春おこわのレシピと作り方。料理研究家・フードコーディネーター藤井玲子のレシピと料理写真。れこれしぴ


桜の花の塩漬け(仕上げ用)と一緒に器に盛る。

桜と鯛の春おこわ ポイント

  • 米ともち米は1:1で配合していますが、
    もっちり感を減らしたい場合は、米の割合を多くするなど、
    お好みで調整してください。(米1.5、もち米0.5など)
  • 桜の花の塩漬けで塩気が入りますが、
    もし足りないと感じた場合は最後に塩少々で味を整えてください。 
  • 鯛の身を混ぜるときは、お米を潰さないように優しく混ぜてください。

最後までお読み頂きありがとうございました♪

また次回の更新で♡

▼ランキングに参加中です!
いいねのかわりに、ポチッとクリックお願いします♡

【レシピ・スタイリング・撮影】
藤井玲子(料理研究家・フードコーディネーター)

オンラインで料理写真教室を開催中!
手作りのお菓子を可愛く撮影したい!という方
ご参加お待ちしております♡

▼詳細はこちらより▼

マリモカフェにて
オンラインパン教室を開催中♪
ゆっくり発酵で美味しいおうちパン作ってみませんか?

▼詳細はこちらより▼

企業の皆様へ
お料理・パン・お菓子の
レシピ考案〜写真撮影などお仕事承ります!

▼詳細はこちらより▼

1日1クリック、応援をお願いします♡


SNSもよろしくお願いします!

-ごはん, ご飯もの, レシピ動画, 魚のレシピ
-, , , , , ,

© 2022 れこれしぴ Powered by AFFINGER5